kurikuri

お知らせ・ブログ

2022.04.21 分割法で外せない条件

久しぶりにマジパンについて考えるところがあったので、昨日に引き続きマジパンについて。

マジパン細工を「分割」という方法で作るのがいいのではないかと思いついたのは、いくつかの理由があります。

一つは、
〇 レッスンしやすいということ。

同じ分量のパーツなので初心者さんでも簡単にコピーできます。

どの製菓学校でもマジパン細工の授業があると思いますが、「頭を作ります。これくらいとって…」と言われても、個人の分量が違うので出来上がりのバランスが随分違ってきます。

結局 染色したマジパンも余るのでもったいない。



もう一つの理由は、
〇 工程が簡単なので触る時間が少なく衛生的、且つ短時間で出来るので柔らかい状態の「食べて美味しいマジパン細工」ができるということ。

製菓学校に通うため上京してからは、毎年ジャパンケーキショーを見に行っていました。

マジパン細工部門もあり、華やかで細かな作品が全国から出品されています。

髪の毛1本1本を細かく貼り付けてあるマジパン人形。

立体的なポーズを付けるためには十分乾燥させて接着させるはず。

「これ食べて美味しいのかな…食べないのであればマジパンで作る必要はないんじゃないかな…」いつも思っていました。


食べ物を粗末にしないことは 私の信条です。

分割法で外せない条件は、マジパン玉を残すことなく使い切る!

例えば、

赤ずきんちゃんでスカートを抜いた余りは…

image

林檎にしたり。

image

エプロンを抜いた残りは…

image

胴体のふくらみに使います。

image

金太郎の時には、

image

おかっぱ頭とちょんまげの残りが…

image
image

クマになりました。

そうそう

image

腹掛けの残りを、タスキやちょんまげの紐に。

image

サンタさんの お髭の残りは…

image
image

プレゼント袋にします。

そんなわけで

お雛様の着物を抜いた残りは胴体にして…

image
image

残さず使い切ります。

2022.04.20 マジパンの模倣

いつもkurikuriに遊びに来てくださって、ありがとうございます。

ホームページ。
穏やかな雰囲気と、美味しいお菓子でおもてなしするつもりで、日々ブログを更新し、ホームを整えています。

マジパンのお部屋が放置気味。


使えそうな画像がないかアルバムを見ていて、とっても感激したあの頃を思い出したのがこちら。

3年前に柴田書店から出版された「デコール 菓子の細工と装飾」の1ページです。
もとい。1ページを模倣したものです。

マジパンの本はあまり出版されるがないのですが、この時期こちらの本と、小山氏の「エモーショナルなマジパン」が出版されました。

マジパンブームが来たのか!それとも柴田書店がマジパンブームを起こそうとしているのか、わくわくしながら2冊の本を眺めていました。



「デコール 菓子の細工と装飾」は、マジパンのページが充実し、日本のマジパン細工では見られないようなフィギュアの表情やお花の技法が使われていています。

表情豊かなこのページに感激し、夢中で模倣しました。


作ってみて感じたのは、マジパンスティックの使い方が、ヘラを押しつけるだけでなく、お絵描きのイメージでヘラで表情を書いている感じがしたこと。

日本のマジパン細工の表情では見られない、豊かな表情はこうやって作られているのかと体感した時間でした。




何事も、上手な人を真似するって勉強になりますね。


2022.04.01 ポワソンダブリル

以前にもご紹介しましたが…

可愛い色合いでお気に入りのマジパンを使ったお菓子。

2021.10.31 マジパンで作る!ハロウィーンのマカロン風レポート

今日はふれあい健康館で皆さんと一緒にマジパン細工を楽しんできました。
参加してくださった皆様、お申し込みくださった皆様、ありがとうございました。

「ふれけんハロウィン講座祭り」ということで、様々なハロウィーン講座が開催され、今日は沢山の親子さんでにぎわっていました。
ふれあい健康館のスタッフの皆さんも仮想して、受付やご案内、入れ替わりの消毒、撮影に大忙しの様子。
楽しませていただきました!ありがとうございました。

ハロウィーンの撮影場所も設置してしてくださって、皆さん記念写真も楽しまれていましたよ。

マジパン講座に参加してくださった親子さん。ありがとうございました!


プチ仮装やフェイスペインティングで参加してくれたお友達もいました。

可愛いコウモリのほっぺ
セクシーな猫耳カチューシャも素敵ね。


今日は男の子が沢山参加してくれました。
一気に仕上げまで夢中で細工する様子に、正直びっくりです。


勿論、女の子も、お母さんもお父さんも、真剣です。



今日も沢山の親子さんの手の中から、アイデアあふれるマジパン細工が生まれました。

お化けマカロン
猫マカロン
人参お化けだぞー
こんなお化けマカロン、商品化してほしいね。
丁寧に作った美しいマカロンに、何とも言えないお顔が私のツボでした。
可愛いお化けマカロンに、丁寧なメッセージが素敵。
ジャックオーランタンのイラストと細かい蜘蛛の巣。コロンとしたマカロンも可愛いね。
たくさんお絵描き楽しんでくれてありがとう。
猫マカロンとかぼちゃマカロン。
チョコレートプレートとマカロンをすべて合わせてお化けになってるー!



楽しい時間をありがとうございました。

2021.10.10 マジパンで作るハロウィーンのケーキトッパー

ふれあい健康館で、一緒に「マジパン細工」を楽しみませんか?

ハロウィーンカラーのオレンジ色&ココア色のマジパンを使い、マカロンを作ります。
アイシングをご用意しますので、自由にお絵描きしてデコレーションを楽しんで下さいね。



マジパンですので、そのままお召し上がり頂けますし、
ケーキトッパーとしてお菓子に飾って、ハロウィーンのデコレーションケーキに仕上げてもいいですよ。

ミニパウンドケーキに飾って、ハロウィーンプレゼントに。



マジパンで作ろう!ハロウィーンのマカロン風

  • 日時
    10/22(金) 一般講座 10:00〜11:30
    10/31(日) 親子講座
     ①10:00〜11:30
     ②12:30〜14:00
     ③14:30~16:00
  • 場所
    ふれあい健康館 
  • 定員
    一般講座10人
    親子講座10組
  • 受講料
    600円
  • 材料費
    一般講座 700円
    親子講座1組(2人分) 1000円
    ※お子様1人追加につき、受講料600円材料費500円頂戴いたします。
  • 準備物
    ウェットティッシュやおしぼり、ハンドタオル、マスク、持ち帰り袋
  • 申し込み、お問い合わせ先
    ふれあい健康館電話 088-657-0194

講座に参加してくれたお子様には、ふれあい健康館さんよりお土産があるそうですよ。

2021.08.01 「白くまくんのクリームソーダ」親子講座レポート

今日はふれあい健康館さんで、夏休み親子講座を開催させて頂きました。

夏休みの貴重なひと時を、kurikuriの講座で過ごして下さった皆様、本当にありがとうございました。


やっぱり「冷たいクリームソーダを作って飲んじゃう講座」と思って参加してくれたお友達もいて(笑)。
機嫌を損ねて帰るお子さんがいなくてよかった…。

お子さん、お母さん、お父さん、おばあちゃん。
69名の皆さんの手の中から、可愛いらしい白くまくんのクリームソーダと夏の思い出が生まれました。



写真を撮らせて頂いたので、講座の様子をご紹介しますね。

ピンボケ写真も沢山あって、ご紹介できなかった皆さん、ごめんなさい。
もっと写真練習します。


デモンストレーションを見た後、白マジパン、オレンジマジパン、赤マジパンを使って、自由にクリームソーダを盛り付けます。


マジパン細工の始まりは、いつも真ん丸ツヤツヤから。


にゅーっとひねり出して、こんもりお山の白くまくんを作ります。


お山の裾野に竹串でヒダをつけたら、アイスクリームがソーダに溶けていくように見えるかな?


ミカンひと房の形を作ったら竹串で筋を入れて、ほら、みかんになったよ!


お子さん達はデモンストレーションをよく見ていて、感心します。
本当に同じように作っていくんです!


仕上げはアイシングで鼻と目をちょんちょんちょん。全集中です。


アイデア満載の皆さんの仕上がりをどうぞご覧ください!





楽しい時間をありがとうございました。
引き続き、楽しい夏休みをお過ごしくださいね!



2021.07.27 クリームソーダの準備

ふれあい健康館の夏休み親子講座「白くまくんのクリームソーダ」。

お申し込みくださった皆様、ありがとうございます!


抽選にもれてしまった方、申し訳ありませんでした。


色々なところで開催される沢山の夏休み講座の中から、kurikuriのマジパン講座を選んでくださって本当に嬉しいです。

今一度申し上げますが、クリームソーダの実習ではないですよ(笑)。


ソーダの部分はチョコレートです。
ホワイトチョコレートに、チョコレート用の青色色素を加えてソーダ色にしています。

白くまくんのアイスクリームがソーダに溶けているところを表現したくて、ホワイトチョコレートをマーブル状に流しています。

もう一度言いますが、白くまくんのアイスクリームではないですよ。


マジパンで作る白くまくんです。

2021.06.16 マジパンで作ろう!白くまくんのクリームソーダ

ふれあい健康館夏休み親子講座のご案内です。

親子講座では未就学の小さなお子様から小学6年生まで、親子で参加してくださっています。
シンプルな道具で簡単に作れる可愛らしくて夏っぽいもの…

白くまくん!

チョコレートでできたソーダ水に、マジパンで作ったアイスクリームの白くまくんを浮かべましょう。
お耳はみかんの缶詰、サクランボをちょこんと頭にのせてソーダ水に浸かった白くまくんの体はとろけそう!

小さな小さな食べられるマスコットのマジパン細工。

2021年の夏の思い出として、一緒につくりませんか?

マジパンで作ろう!白くまくんのクリームソーダ

  • 日時
    8/1(日) 親子講座
     ①10:00〜11:30
     ②12:30〜14:00
     ③14:30~16:00
  • 場所
    ふれあい健康館 2階実習室
  • 定員
    各10組
  • 受講料
    600円
  • 材料費
    親子1組(2人分) 900円
    ※お子様1人追加につき、材料費450円が追加となります。
  • 準備物
    エプロン、三角巾、布巾2枚、ハンドタオル、マスク、持ち帰り袋
  • 申し込み、お問い合わせ先
    ふれあい健康館電話 088-657-0194

2021.06.08 お久しぶりのマジパン

マジパンにゃんこ以来、久しく触っていなかったマジパン。夏休み親子講座の詳細、そろそろ出さないと…。
染色したマジパンが入っている箱を開け、じっと眺めます。

マジパンにゃんこ講座のあまり、白、オレンジ、こげ茶。
昨年の12月までさかのぼって、ブッシュドノエルとマジパンくまちゃん講座のあまり、白、赤、こげ茶。

いかにも夏らしいアレが思い浮かびました!

ふれあい健康館の夏休み親子講座。
もうすぐ公開です。お楽しみに!



昨日、追加募集した「ラムレーズンとチーズクリームのロールケーキ」。
おかげさまで満席になりました。

こちらのブログとインスタグラムでの呼びかけを見て、お申込みしてくださったのかしら。



こちらのブログ、tumblerやInstagramのように「スキ」や「いいね」があるわけでなく、実は訪問者が何人なのか私の方ではわかりません。

けれどホームページを開設してから、出張講座で「見てますよ」と感想を言って頂いたり、友達と連絡をしている中でも「頑張ってるね」と言ってもらえたり。沢山の方が見て下さっているのを感じます。

皆さん、いつもありがとうございます!

2021.05.30 ルーク・チュップと鯉菓子と

林周作さんが自転車で世界を旅しながら見つけた郷土菓子を紹介されている本、「世界の郷土菓子」。
図書館で見つけ、今週のリラックスタイムのお供です。

マジパン細工か⁈と思い、目を止めたお菓子の写真は、タイ王国の「ルーク・チュップ」という野菜や果物を形どった色鮮やかな細工菓子。

本のページを撮影して掲載することはできないので、こちらの→ロッテのホームページに飛んでご覧くださいね。
林さんのコラム記事に、本と同じ写真が掲載されています。

ルーク・チュップの起源はポルトガル伝来のマジパン細工とのこと。タイでは手に入りにくいアーモンドの代わりに、入手しやすい緑豆の餡とココナッツミルクを用いて再現されたそうです。表面は寒天でツヤツヤ仕上げ。

これを見て思い出したのが、小さい頃に地元佐賀で食べていた初節句のお祝いに頂く鯉の形をした和菓子です。
ルーク・チュップと同じく表面が寒天仕上げのツヤッツヤで。
大きさといい見た目といい鮮魚さながらですが、表は練り切り中は餡子でできていて、輪切りにして食べます。(笑)

調べてみたら長崎に伝わる「鯉菓子」と呼ばれるものでした。急流を上りきった鯉が龍に姿を変えたという中国の伝説から、鯉のぼり同様端午の節句の祝い菓子になったようですね。

もしかしたら鯉菓子は、南蛮渡来のマジパンが長崎に伝来し、日本の餡子文化と中国の伝説とマジパンとの「ちゃんぽん」によって生まれたお菓子なのかしら、と考えたり。

ルーツに思いを馳せて、お菓子と一緒に世界をめぐるのでした。

1 2 3 4

最新の投稿

カテゴリー

ページトップへ