kurikuri

お知らせ・ブログ

2021.08.01 「白くまくんのクリームソーダ」親子講座レポート

今日はふれあい健康館さんで、夏休み親子講座を開催させて頂きました。

夏休みの貴重なひと時を、kurikuriの講座で過ごして下さった皆様、本当にありがとうございました。


やっぱり「冷たいクリームソーダを作って飲んじゃう講座」と思って参加してくれたお友達もいて(笑)。
機嫌を損ねて帰るお子さんがいなくてよかった…。

お子さん、お母さん、お父さん、おばあちゃん。
69名の皆さんの手の中から、可愛いらしい白くまくんのクリームソーダと夏の思い出が生まれました。



写真を撮らせて頂いたので、講座の様子をご紹介しますね。

ピンボケ写真も沢山あって、ご紹介できなかった皆さん、ごめんなさい。
もっと写真練習します。


デモンストレーションを見た後、白マジパン、オレンジマジパン、赤マジパンを使って、自由にクリームソーダを盛り付けます。


マジパン細工の始まりは、いつも真ん丸ツヤツヤから。


にゅーっとひねり出して、こんもりお山の白くまくんを作ります。


お山の裾野に竹串でヒダをつけたら、アイスクリームがソーダに溶けていくように見えるかな?


ミカンひと房の形を作ったら竹串で筋を入れて、ほら、みかんになったよ!


お子さん達はデモンストレーションをよく見ていて、感心します。
本当に同じように作っていくんです!


仕上げはアイシングで鼻と目をちょんちょんちょん。全集中です。


アイデア満載の皆さんの仕上がりをどうぞご覧ください!





楽しい時間をありがとうございました。
引き続き、楽しい夏休みをお過ごしくださいね!



2021.07.31 8月のお菓子の会はお休みです!

今日で7月も終わり。明日から8月ですね。

昨年に続き、夏を思う存分満喫できそうにはありませんが、それぞれに楽しみを見つけて過ごしましょう。

息子に付き合って夜空を眺めるのが、最近の私のお楽しみ。
果てしなく広がる宇宙の中。
私たちはご縁があって今この時代を一緒に過ごしているんだと考えたり。この地球で生かされていると感じたり。
そうして悩みも軽くなったりして。

そんな時間を作ってくれた息子に感謝したり。
そんな時間はもう沢山はないのだと寂しくなったり。




8月のお菓子の会は夏休みを頂きます。
9月のお菓子の会のご案内は8月中旬にアップしますね。

どうぞご安全に夏をお過ごしください!

2021.07.31 8/4(水)「お菓子屋さんごっこ」1組募集!

エミールカルチャーさんの8月講座「親子でお菓子屋さんごっこ」
10時からの回にキャンセルが出ました。


クリームを泡立てたり、ソースを絞ったり、美味しそうなケーキの盛り付けを通して、親子でお菓子屋さんごっこを楽しんで下さいね。

ベリーのケーキ、マンゴーのケーキ、チョコバナナケーキ、の三種類を作ります!

おみやげカップスイーツ!親子でお菓子屋さんごっこ

  • 日時
    ① 8月4日(水)10:00~12:00
    ② 8月4日(水)13:00~15:00
  • 参加費
    親子受講料
    大人1人子供1人 受講料2200円 + 材料費1800円
    大人1人子供2人 受講料3300円 + 材料費1800円
    ※ 3種1セット材料追加の場合は追加材料費1500円です。
  • 持ち物
    エプロン、ハンドタオル、筆記用具、マスク、保冷バッグ、保冷剤
    (箱はご用意いたします。)
  • お申込み
    エミールさん(電話 088-637-0241)へお願いいたします。

2021.07.27 クリームソーダの準備

ふれあい健康館の夏休み親子講座「白くまくんのクリームソーダ」。

お申し込みくださった皆様、ありがとうございます!


抽選にもれてしまった方、申し訳ありませんでした。


色々なところで開催される沢山の夏休み講座の中から、kurikuriのマジパン講座を選んでくださって本当に嬉しいです。

今一度申し上げますが、クリームソーダの実習ではないですよ(笑)。


ソーダの部分はチョコレートです。
ホワイトチョコレートに、チョコレート用の青色色素を加えてソーダ色にしています。

白くまくんのアイスクリームがソーダに溶けているところを表現したくて、ホワイトチョコレートをマーブル状に流しています。

もう一度言いますが、白くまくんのアイスクリームではないですよ。


マジパンで作る白くまくんです。

2021.07.24 お菓子、作ってます。

子供達は夏休みになりました。
こちらの投稿も夏休み気味ではありますが、マイペースで綴っていこうと思っています。

梅雨が明けて夏は本領発揮していますが、私は秋冬のお菓子の講座の写真撮り。

クリスマスやら、秋の焼き菓子やら。
今はお正月とハロウィーンのお菓子を試作中です。




こちらはクリスマスの記事づくりでボツにしたアイデア。


こちらもボツにしたアイデア。


私の夏休みの宿題。チャレンジと確認を繰り返す毎日です。

2021.07.21 よろず支援拠点コーディネーター

この度、徳島県よろず支援拠点のコーディネーターとなりました。
よろず支援拠点の活動については↑からご覧ください。

最初によろず支援拠点の門をたたいてから2年以上がたちました。
コーディネーターの先生方には沢山のアドバイスと励ましを頂き、面談後はいつも前向きな気持ちになって課題に取り組むことができました。

こちらのホームページ作成も、よろず支援拠点の先生方のお力添えを頂いたものです。

これからは、私も徳島の皆様のお力になれるよう尽力いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

2021.07.19 7月のお菓子の会、終了しました。

7月のお菓子「サワーチェリーのクリームマフィン&…」が終了しました。
参加してくださった皆様、ありがとうございました。

マジパン細工、フィナンシエ、瓶入りのお土産スイーツ、ディアマン。
サワーチェリーのクリームマフィンと一緒に、楽しんでいただきました。


クリームマフィンは当日に召し上がって頂いた方がいいですね。
翌日ですと、マフィンが水分を吸ってしっとりを通り越した食感になります。


ブルーベリーや黄桃缶、パイナップル缶などもクリームマフィンに合いますので、是非フルーツを変えてまた作ってみて下さい。





8月のお菓子の会は子供たちが夏休みのため、お休みさせて頂きます。

また9月から一緒にお菓子を作りましょうね!

よろしくお願いいたします。

2021.07.15 エミール講座「親子でお菓子屋さんごっこ」

8月のエミール講座のご案内です。


クリームを泡立てたり、ソースを絞ったり、美味しそうなケーキの盛り付けを通して、親子でお菓子屋さんごっこを楽しんで下さいね。

ベリーのケーキ、マンゴーのケーキ、チョコバナナケーキ、の三種類を作ります!

おみやげカップスイーツ!親子でお菓子屋さんごっこ

  • 日時
    ① 8月4日(水)10:00~12:00
    ② 8月4日(水)13:00~15:00
  • 参加費
    親子受講料
    大人1人子供1人 受講料2200円 + 材料費1800円
    大人1人子供2人 受講料3300円 + 材料費1800円
    ※ 3種1セット材料追加の場合は追加材料費1500円です。
  • 持ち物
    エプロン、ハンドタオル、筆記用具、マスク、保冷バッグ、保冷剤
    (箱はご用意いたします。)
  • お申込み
    エミールさん(電話 088-637-0241)へお願いいたします。

2021.07.13 ピポットカルチャー教室「爽やかレアチーズケーキ」レポート

今日は四国ガスさんのショールーム「ピポット徳島」で、皆さんと一緒にレアチーズケーキを作ってきました。

参加してくださった皆様、お申込み下さった皆様、ありがとうございました。



マンゴーとココナッツを使った夏味のレアチーズケーキ。
デモンストレーションを交えながら、2人1組で作業して頂きました。



まずはココナッツのスポンジ生地から。

メレンゲを泡立てて加える、別立て法の生地です。


生地を型にはめ込んで、チーズクリームを流し、マンゴーのマンゴー和えを詰めます。



もう一度チーズクリームを流してすり切ったら冷蔵庫へ。



皆さん仕上げの絞りもきれいでした!


募集案内画像のケーキピックと違っていてごめんなさいね。
可愛いと喜んで下さって良かった。

今夜のデザートまでは十分に冷やし、ムースフィルムを外してお召し上がりくださいね。



高松からご参加くださったお二人の方も、無事にお持ち帰りできたましたでしょうか。
kurikuriの講座を見つけて、わざわざ遠くからお越し下さって嬉しいです。


次回ピポット講座は11/5(金)です。
ご案内までもうしばらくお待ちくださいね。


2021.07.11 悩ましいゼラチン

今日はさわやかな風が心地いい。とっても気持ちのいいお天気ですね。

明後日のピポット講座は「爽やか!レアチーズケーキ」。
お申し込みくださった皆様、ありがとうございます。


ピポットさんのホームページには教室のタイトルだけで、お菓子の詳細は載せていませんでした。(ウィズガスライフ掲載に間に合うように、タイトルだけ先にお伝えし、何を作るかは後で考えています…。笑)


詳細ですが、ココナッツを散らして焼き上げたビスキュイジョコンド(アーモンド入りのスポンジ生地)の上に、マンゴーのチーズクリームをのせたプティガトーです。
センターにはマンゴーピューレで和えたマンゴーの果肉、トップはクレームシャンティーでデコレーションします。




チーズクリームをゼラチンで固めるレアチーズケーキなのですが、ゼラチンの量って悩みます。

2時間半の講座で仕上がるように、且つ持ち帰るときに夏の暑さに耐えられるようゼラチンを増やしますが、それを冷蔵庫でしっかり冷やし固めたものは弾力があり過ぎる。

皆さんが持ち帰ってもう一度冷蔵庫で冷やした後、ムースフィルムから押し出せる硬さ。
召し上がる時に、フォークを上から下まで通しても崩れず、そして程よい口どけになる硬さ。

お菓子屋さんが狙う図星の硬さではないけれど、的には当たっているかな。


それでは皆様よろしくお願いいたします。


1 2 3 4 5 6 7 8 23

最新の投稿

カテゴリー

ページトップへ