kurikuri

お知らせ・ブログ

2022.03.07 5月のエミール講座「西岡産業さんの苺を使った カスタードたっぷりの苺パイ」

5月は苺を使ったお菓子です。
苺ととっても相性のいいカスタードクリームを使って苺のパイを作ります。

徳島市大原町にある西岡産業さんは、苺ハウスから苺の様子を常に発信し続ける苺愛溢れる方です。
「苺を使った加工品は、思いつくもの全てやってみました。」「私は美味しい苺を作ることに集中したい。」
初めて西岡さんとお会いした時のこの言葉に、中途半端に過ごしている私は圧倒され、そして西岡さんの苺愛に惚れてしまいました。


ならばこちらも愛して止まない菓子屋のクリームをささげましょう。
kurikuriの看板でもあるシュークリームに使用しているカスタードクリーム。ツヤッツヤになるまで炊き上げてしっかりとデン粉を糊化し、滑らかでコクのあるクリームに仕上げます。


溢れんばかりに盛り付けた苺とカスタードクリームのパイ。一緒に作りませんか?


西岡産業さんの苺を使った「カスタードクリームたっぷりの苺パイ」

  • 日時
    ① 5月11日(水)10:00~12:00
    ② 5月11日(水)13:00~15:00
    ③ 5月11日(水)18:30~20:30
  • 参加費
    受講料2200円 + 材料費2300円
  • 持ち物
    エプロン、ハンドタオル、筆記用具、マスク、保冷剤、保冷バッグ




お申し込みは→ エミールさんのホームページお申込みフォームからどうぞ。
クリックすると、お申込み方法へ移動します。

お電話でのお申込みは(088-637-0241)へ。

2022.03.06 4月のエミール講座「阿波甘蔗園さんのバナナ葉粉末を使った バナナクレープ屋さんごっこ」

2022年度上半期のエミール講座は「大好き徳島!美味しい物の宝島!」
徳島の生産者さんからお預かりした美味しいものを使って、可愛らしいお菓子にします。

4月は「阿波甘蔗園さんのバナナ葉粉末」を使ったお菓子です。


バナナハウスには、見事なバナナの木が沢山!


オーナーの矢野さんはこちらのバナナの葉を使って、お茶に加工して販売したり、バッグや草履を作ったり、バナナの色々な可能性を見いだしていらっしゃるパイオニアです。

実は私はまだ阿波甘蔗園さんのバナナを食べたことがありません。
今回、バナナ葉を粉末にされた記事をお見かけし、お願いして分けて頂きました。


葉っぱの粉末。
バナナの葉っぱに包まれたお菓子のイメージ…
包む…
クレープ!

クレープ生地に加えたバナナ粉末は焼いたあとも鮮やかなグリーン色です。

ガレット風にして、青いパパイヤのサラダやナシゴレンなどを包んでも面白いんじゃないかしら。

珍しいバナナの葉っぱの粉末を使って、一緒にバナナのクレープ屋さんごっこしませんか?


阿波甘蔗園さんのバナナ葉粉末を使った
「バナナクレープ屋さんごっこ」

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC08265-1024x682.jpg
  • 日時
    ① 4月13日(水)10:00~12:00
    ② 4月13日(水)13:00~15:00
    ③ 4月13日(水)18:30~20:30
  • 参加費
    受講料2200円 + 材料費2300円
  • 持ち物
    エプロン、ハンドタオル、筆記用具、マスク、保冷剤、保冷バッグ



募集開始は3月22日火曜日10時からです。
お申し込みは→ エミールさんのホームページお申込みフォームからどうぞ。
クリックすると、お申込み方法へ移動します。

※お電話(088-637-0241)でのお申込みは、込み合う場合があります。

2022.03.05 心の栄養

毎日毎日コロナ関連のニュースばかりでしたが、ロシアのウクライナ侵攻に代わり、どうしても気持ちが緊張してしまいますね。

昨日はウクライナの民家が攻撃されたニュースの中で、
赤い収納扉とブルーのタイルが可愛らしかっただろうキッチンが、粉々に砕け散った外壁に埋もれている画像を見てしまい、もう…苦しくなってしまいました。


ここで穏やかな日常を送っている家族がいた。


東日本大震災以降、自然災害の被害状況を知る度に「今お菓子を作っていいのだろうか。」と、気持ちと手がとまってしまいます。

お菓子やお花、音楽や絵画など芸術、美容やおしゃれに関することなど、生きていくうえで必ずしも必要なものではない。けれど、必要な事だけを繰りかえす毎日もギスギスしたものになるわけで。


心の栄養として大切。
大丈夫、作っていいよ。




誰が止められるのだろう。
どうしたら止められるのだろう。

私には何の力もないけれど、せめて私が穏やかな気持ちで過ごすことで、周りの人が穏やかで温かい気持ちになって。その周りの人にも穏やかで温かい空気が広がって。

コロナが人を介して世界中にまん延したように、私のこの思いがロシアにも伝染したらいいのに。

お茶とお花とお菓子で、穏やかにお話して解決しましょうよ。




2022.03.04 徳島の美味しいものを預かって。

エミールカルチャーさんの2022年度上半期春夏講座が公開になりました。
募集開始は3/22(火)10時からです。

来期のkurikuriも毎月担当させて頂きます!

「大好き徳島!美味しい物の宝島!」と題して、県内の生産者様からお預かりした美味しいものを可愛らしいお菓子にしました。

一つずつ、ご紹介していきますね。

2022.03.02 確定申告終了

昨日は無事に確定申告の電子申請が完了しました。

小さな小さな個人事業ですが、コロナ禍においても令和3年の売り上げが前年よりもアップしたことに喜びを感じ、沢山の方が私と一緒にお菓子を作って下さったことに「ありがたい」と感じた決算書でした。


今日はよろず支援拠点の出勤日。
「自社製品への思い入れが、周りの人たちを引きつける魅力になる」ということを実感した一日でした。



私も自分の作ったお菓子、自分の企画した講座にもっと自信を持って発信しよう。
楽しくて充実した、美味しいお菓子の会なのだから。

2022.03.01 柚子の香りのトライフル

今日は絶対に確定申告を終わらせる!

と、心に決めている日に限って、冷蔵庫の中身が気になってしまう。


今日はキッチンのお掃除をすると開運に繋がるとも言っていたし…。許す!
とっても自分に優しい(甘い)のです。



そんなこんなで2月の講座の材料をお片付けしつつ、作ったのがこちらのトライフル。
真空チルドルームに入れていたスポンジと、タッパーにシロップごと入れていた黄桃缶、試作の切り落としメロンを使いました。

ほんのり柚子の風味がするの。
なぜかというと、チルドルームに使いかけの柚子をラップに包んで入れていたから。
スポンジなんて空気をたくさん含んでいるので、香の強い柚子と一緒に保存した私のミスです。

よく講座の中での材料について「冷凍できますか?」って聞かれることがあります。多くの材料が冷凍できるのですが、やぱり長く冷凍保存すると冷凍庫の匂いって付きますよね。


以前は「すぐに食べてなくなってしまうから、冷凍保存なんて必要ないのでは。」と思っていたのですが(ごめんなさい)、
最近は食べきれない、使い切れないお気持ちが良くわかりますので、特に「使い切り配合」といったことを気にかけています。


冷蔵庫のお片付けも終わったし、さて確定申告の続きをやりますか。
仕訳帳などをプリントアウトしている間に、ブログを書いていると東の空に虹!


よし。今日中に絶対終わらせる。

2022.02.28 3/22(火)空きあります!

3月の「リクエストお菓子の会」
22(火)のお席がございます。

メニューは、これまでの取り上げたお菓子の中からお選びいただけます。

今のところ
デコレーションケーキをリクエスト頂いたり、



ミルクチョコレートとオレンジのアントルメや



焼き菓子3品ご希望といったお客様もいらっしゃいます。


メニューやリクエスト価格は、トップページのおススメ講座からご覧ください。
メニューにないものはお気軽にお問合せ下さいね。
こちらのお問い合わせフォームや、私のライン、インスタグラムのメッセージなどからどうぞ。


よろしくお願いいたします。

2022.02.26 ロシアンティー

中2の息子は紅茶やコーヒーが好き。
美味しい入れ方を自分で調べ、本当に丁寧に入れてくれるので、最近のお茶の時間は息子にお任せしています。

先日はロシアンティーを入れてくれました。

紅茶にジャムを入れて飲むロシアスタイル。と私は思っていましたが、ソーサーに苺ジャムをのせたスプーンが添えられていて。
「ジャムを舐めながら紅茶飲んで。」
正式なロシアンティーのスタイルを教えてくれました。


調べてみると息子の言う通りで、紅茶にジャムを入れて飲むスタイルは、ウクライナやポーランドの方で楽しまれている飲み方だそうです。
ロシアで紅茶にジャムを入れてしまわない理由の一つは、紅茶の温度とロシアの低い気温が関係しているのだそう。

紅茶の飲み方が変わるほど、気温が違う。

「とっても寒いロシアにとって、凍らない港は絶対欲しいらしいよ。」そんなことも紅茶を飲みながら息子が教えてくれました。




ウクライナやロシアにもたくさんの美味しいお菓子があり、普段であれば甘いお菓子を食べながらお茶の時間は穏やかで幸せなひと時のはず。

ウクライナとロシアの皆さんに、一日も早く穏やかにお茶を飲む時間が戻ることを願ってやみません


2022.02.25 二つの名刺

kurikuriの名刺を作って頂きました。

こちらのHPをお願いした近藤デザインさんに、掲載する情報と紙を選んでおまかせ。
3つの案を出して下さって、すぐに「これを!」とお願いしました。

すっきり落ち着いた第一印象は、安定感があって信頼感がある人。
縦にも横にも柔軟に対応できる人。
kurikuriの書体が可愛らしいので、チャーミングな人。
その下の「お菓子の会」が落ち着いた書体なので、大人の穏やかな会を主催している人。

っぽく見えます!ぽい!ぽい!!
こんな名刺みたいな人になりたいです。(笑)


今後お会いする方に、お渡ししますね。
流石の近藤マジック。お楽しみに。





そしてよろず支援拠点の名刺。

こちらは、新ガイハルカさん作の似顔絵入りです。そっくりでしょ、私(笑)。

「徳島ええとこ見てってじゃ」で、とくしまPR広告デザインコンテスト最優秀賞を受賞された新ガイハルカさん。間もなく阿波おどり空港近くにある高橋ふとん店臨空倉庫の外壁60mに渡って掲示されます。

今ならアイコンの似顔絵などお願いできるかもしれませんよ。

どちらも大切な私の名刺。

2022.02.24 2月のお菓子の会レポート

「ミルクチョコレートとオレンジのアントルメ」の会が終了しました。

参加して下さった皆様、ありがとうございました。
そして中止にしてしまった会の皆様、申し訳ありませんでした。
まろやかなミルクチョコレートのムース。おススメですので、是非今後ご都合の良い日程でリクエスト下さいませ。




テクニックのポイントは、ソースアングレーズとガナッシュ。
ソースアングレーズは、卵黄の熱凝固を利用したトロみのあるソースです。
温度計で計測しつつも、鍋の中の様子をしっかりと観察して上がりの具合を確認して頂きました。
ガナッシュは乳化について。ミルクチョコレートとソースアングレーズは相性が良いので乳化しやすく、わかりにくかったかもしれませんね。



冷やし固めている間に、チョコレートのお花と蝶々を作って楽しんで頂きました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC08471-1024x682.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC08490-1024x682.jpg



こちらはリクエストお菓子の会「抹茶のデコレーションケーキ」。

4号サイズの抹茶のジェノワーズを2台作るところから、ナッペ、絞りの練習をして頂きました。

お仕事でお菓子を作っていらっしゃる、クオカレッスンからのお客様です。
「最近はデコレーションケーキのご注文を受けることが増え、絞りをしっかり押さえたい!」というご希望でしたので、
どんな生クリームを使っているのか、サンド、ナッペ、絞りに適したクリームの硬さについてなどもお話しました。


今月も皆さんと一緒にお菓子を作りながら、お話をしつつ、私も沢山の事を考えて学んだ会でした。


お菓子の持つエネルギーは、穏やかで優しくて温かいものであってほしい。食べる人にとっても。そして作る人にとっても。


こちら講座で使用したものについてのご質問がありましたので、紹介しますね。

お菓子・パン作りの総合サイトcotta
・ムースフィルム テープ付き45✕200(商品コード:056352
・フラワーゴールドトレー5号(商品コード:051964
・ケーキ箱ブラウン5寸(商品コード:096792


1 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 78

最新の投稿

カテゴリー

ページトップへ