kurikuri

お知らせ・ブログ

2023.04.29 4月のお菓子の会レポートと、盛り付けのポイント

タルトフリュイの会が終了しました。

参加して下さった皆様、ありがとうございました。


ほとんどの方が苺のタルトをリクエストして下さり、あふれんばかりの苺たっぷりの仕上がりに歓声を上げてくださっていました。


フルーツタルトは、オレンジや白桃、キウイ、パイナップル、苺にブルーベリーと、彩り豊になる様にご用意しました。

フルーツをカットする間におしゃべりできて、楽しかったです。
ありがとうございました!



さて。
「デコレーション、お好きに盛り付けてください。」って言われるのがすごく困るんですよね。わかります(笑)。自由に、ナチュラルでラフな感じに、適当にバランスよく、それがどういうことかわからない。「ナチュラルな感じ」に仕上げているつもりが「雑」な印象を与えてしまわないか、ドキドキします。
ナチュラルメイクって、実はしっかりと準備してあるのと同じ感じでしょうか。


ホールで仕上げるフルーツタルトの盛り付けのポイントを、私なりにまとめてみました。

  • タルトのクッキー部分はきれいに見せる。(クッキー部分にクリームやフルーツが乗っていると雑に見えます)
  • クレームダマンドをほんの少し見せる。(愛おしいパートをお見せしましょう)
  • 淡い色や面積の大きいフルーツを周りから盛り付ける。この時にクリームの真上からフルーツをドシンと乗せるのではなく、外側にクリームの広がる様子を確認しながら乗せること。愛おしいクリームが少し見えてもよいです。(今回は、はじめに桃とパイナップルを交互にのせていきます)
  • 次に色の濃いもの(今回はオレンジとキウイ)を、少し立体的においていきます。(桃とパイナップルがすでに乗っているので、普通に置くだけで立体的にはなるはず。大きいとベターッとかぶさってしまうので、オレンジとキウイは桃とパインより少し小さめにカットしています)
  • 苺をのせます。断面のかわいらしさと、表面の赤の面積を半々くらいに意識して。
  • 一番小さくて色が濃いブルーベリーは全体を引き締める役目があります。枝に付いていた方向とお花の名残の方向がありますが、私はお花の名残りを顔として使うことが多いです。顔が見えるように置きます。刷毛でコロコロ転がるので、ナパージュを塗ったあとにブルーベリーを置いてもいいです。
  • ナパージュを塗ります。まずは周囲のフルーツを下から撫で上げるようにしながらぐるっと一周塗ります。次に苺の切断面一つずつに塗ります。片手で苺を持ち上げて面に塗り、戻す前にそのあたりのフルーツにちょんちょんと接着の意味を込めて塗ります。苺に塗り終わったら、全体を見て艶を足していきます。カットフルーツの角にチョンとつけたり。
    加熱タイプのナパージュを使う場合は、少し多めに煮ておいたほうがいいです。少ないと冷めやすく、塗っているうちにモロモロと固まり始めてきれいな艶になりません。
  • 仕上げに、丸ごと苺1粒とケーキピック。この2つは近いほうがいいです。離れているとぼやける感じがするのは私だけかな。
    苺は小ぶりでかわいらしいものを選んでおきます。苺のヘタはのせる前に優しく逆撫でてあげて、フレッシュ感を出しましょう。
  • ということで、カットフルーツの大きさは「淡い色>濃い色」を考えて準備しておきます。濃い色の面積が多いと「なんか違う」と思います。


パティシエは言葉にできなくてもこの感覚を持って盛り付けていると思うんです。
こうゆうのってセンスではなくて、絵やデザインの世界ではきちんと法則があるのかな。それを学んでいたら最強ですね。

もし法則とは違っていたらごめんなさいです。

2023.04.25 ビクトリアケーキあれこれ

5月のピポット講座、ビクトリアケーキにお申し込みくださった皆様、ありがとうございます。

色々とレシピを研究していたら、多くはバターを柔らかくして始めるシュガーバッター法が主流でした。
スポンジ生地のビクトリアケーキの作り方も見つけたので、まったく同じ配合ですし比べてみることに。


シュガーバッター法に軍配が上がり、今レシピを整えています。


シンプルなお菓子ですが、味わい深くて美味しいですね。

2023.04.24 おやつ寄付、好評です!

お菓子の会に参加して下さる皆様、いつもありがとうございます。

皆様に作り方をお伝えするためのデモンストレーションは、市内の支援施設様へ「おやつ」として寄付させていただいています。

皆様との楽しいお菓子作りの時間のおすそ分け。

皆様が参加して下さることで、穏やかなおやつの時間が広がっています。
ありがとうございます。

2023.04.21 のどごし最高!

夏の様な暑さの徳島です。

こんな時には、つるんとのどごしの良いコーヒーゼリーが食べたくなります。

2023.04.18 穏やかな時間のおすそ分け

デモンストレーションのお菓子。

おやつ寄付として支援団体様を募集しましたところ、佐古にある「とりどりの森SIL」さんとご縁があり、先日お届けに行きました。

倉庫を改装した不思議な空間。
ピアノがあって。
本があって。
自由に活動できる材料があって。
穏やかに過ごせるステキな場所。

そこにkurikuriのお菓子があって。
切り分けられる様子を囲んで見ているお子さんたちの嬉しそうな顔。

嬉しいですね。


お菓子の会に参加して下さったお客さまとの、楽しい時間をおすそ分けできました。
参加して下さったお客様、ありがとうございます。

2023.04.17 苺パトロール

先週から4月のお菓子会が始まり、お久しぶりの皆様と一緒にお菓子作りを楽しんでいます。

今のところ、皆さん苺のタルトをリクエストされていて、あふれんばかりの苺がのっかったタルトに、「贅沢ですね~!」「こんなのが作れるなんて嬉しーい!」と歓声を上げて下さって。
こちらもニコニコになる時間です。

苺パトロールは苺の時期の私の日課。
日替わりでスーパーや産直市に立ち寄り、見た目や大きさ、価格、を見てまわります。


いろんな品種の苺が入手できるときは、食べ比べのお土産にして。

2023.03.30 4月のお菓子の会・相席募集

彩り豊かなフルーツを盛り付けた「タルトフリュイ」。

14日金曜日と17日月曜日に、相席枠がございます。
いずれも9時30分~12時30分。

一緒に作りませんか?

苺のタルトもお選びいただけますので、お申し込み時にご希望をお知らせください。

4月のお菓子の会「タルトフリュイ」

  • お持ち帰り
    直径18㎝のホールケーキ 1台
  • 参加費
    8000円(2名様でお申し込みの場合)
  • 持ち物
    エプロン、タオル、マスク、持ち帰り箱、保冷剤、保冷バッグなど
    6号デコレーション箱は1組300円で販売いたします。
  • デモンストレーションで製作したお菓子は、「おやつ寄付」として県内の団体に寄付させて頂きます。皆様と共有したお菓子を作る穏やかな時間の輪を広げていきます。


※ 日程を変更する場合がございますので、あらかじめご了承下さいませ。

※ お申し込みは参加日の5日前までとさせて頂きます。

※ これまでに取り上げたテーマのリクエストレッスンも可能です。

※ 追加料金2000円で、1名様のご参加を承ります。


2023.03.27 にこにこガナッシュサンド


タルトのあまり生地と、賞味期限が気になったミルクチョコレートを使って。

2023.03.18 4月のお菓子の会

毎月15日に翌月のご案内をしているお菓子の会。
4月は家族のスケジュールが未定のため、もう少しお待ちくださいね。

毎月ご参加下さっている皆様には、決まり次第先行してご案内いたします。


写真は、5月のピポット講座の「ビクトリアケーキ」。

最近はこういったシンプルなお菓子が大好きになりました。

2023.03.03 ひなまつり

3月になり、お菓子の講座はお休みしているkurikuriです。

今日はひな祭りですので、お菓子を作りたいところですが、作ることができないため、またまた懐かしいクオカレッスンから。

表巻きの苺のロールケーキに、マジパンでお雛様を作ったレッスン。
確か2月のレッスンで、クオカレッスン最後のメニューでした。

このあと、徳島に引っ越します。


スポンジ生地作りから、ロールケーキを巻いて休ませている間のマジパン細工、そしてデコレーションまで。
本当によく詰め込んだレッスンだったと、お付き合いくださった皆様に感謝です(笑)。


今の私も、実生活いろいろと詰め込み過ぎで、あまり変わっていないかな。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 42

最新の投稿

カテゴリー

ページトップへ